■ 潮干狩る人々 6/5

--葬式の余韻で今日も龍郷通い。普段はそう通らない国道とは別ルートの東シナ海ラインを円(えん)集落まで走る。車窓から海を眺めると潮が大きく引いていて、サンゴ礁の上を歩く人の姿が目にとまった。もうすぐ新月だしきっと大潮なんだろう。加えて週末のこの陽気。梅雨を感じさせない夏の景色に、人々の足が海へと向かう気持ちもよくわかる。一応カメラは持ち歩いているので、道路わきに車を止め潮を干狩る人々を撮った。「中休み」の多い梅雨のおかげで、今年は夏が早々とやってきている気分だ。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→