+
■ ハシカンボク開花 9/10

--近所に来ている台風15号の影響か、奄美の空はどんよりグレイ。これはチャンス!と、しようしようと思いながらなかなか手がつけられなかったポストカードの新作をつくった。初夏の頃から作ろうと考えていた『大浜スターナイト』をようやく形にし、冬物として『デイゴの影絵』も、そしてこの夏『金作原の空』が売り切れになってしまったので、新しい金作原カードとして『亜熱帯の森』を作った。とりあえずこの3種類は印刷所に発注したので、来週末にはできあがってくることでしょう。今回は宛名面にまた新しいデザインを取り入れたのでお楽しみに。ポストカードを作っていると色んなアイデアが浮かんでくるのだが、今回のは最初のイメージ以上にイイ感じのカードができあがった。紙に刷られてくるのが私も楽しみだ。

--さて、そんなわけで本日は家に缶詰め状態だったから、外の変化も見ていないし写真も撮っていない。「今日の奄美」をどうしようと思っていると、ふと先日のハシカンボクを思い出した。そうだ、ハシカンボクの花が咲いているのを伝え忘れてた。秋の花であるハシカンボクは、秋は秋といっても本当に初めの頃に花を咲かせる。花の大きさはコインほど。4つの花びらをガクに集め、斜面いっぱいに淡い紫色をちりばめる。とても可愛い花だ。湯湾岳周辺の林道では、道路脇の斜面のあちこちにハシカンボクの群集を見つけることができる。見過ごしてしまうほど淡く小さな花たちだが、気を付けているときっと見つかる。山道を旅することがあったなら、ぜひ見て欲しい花だ。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→