/
■ 夕刻の漁港にて 3/12

--午前中まで暖かかったのだが、午後から急に寒くなった。三寒四温の寒がまたやってきたようだ。雨もザーザー降っていたので今日はシャッターを切っていない。こういう日もある。

--昨日の夕方、家路の途中で黄金色に染まる海に惹かれ寄り道した。斜光を受けて立体感のました漁港を、しばらくぼんやり眺めていた。ふと向こうの桟橋で犬のシッポが揺れるのが見えた。ワンコはちょこちょこそこらを飛び跳ねていたが、その視線の先には常に主人を気にしていた。夕刻の漁港で出会った優しいひとコマ。


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→