.
■ 十島へ 4/6

--十島とは、鹿児島から南へ向かい屋久島以南〜奄美大島の間に連なる島々のことだ。トカラ列島と言えばわかるだろうか。火山性の有人7島・無人5島で構成されている。詳しくは十島村のホームページへ。

--十島村へは鹿児島から週に2回か3回フェリーが運航しており、週に1回は奄美の名瀬港にも立ち寄る。フェリーとしまは、7つの有人島を次々とめぐるわけだが、その島々のすべてに学校があり、そこへ赴任する先生方の見送りに行ってきた(4月3日の話)。

--名瀬港に泊まっているフェリーとしまは何度か目にした事があったが、鹿児島に泊まっている姿を見たのは初めて。しばらく前に新しく整備された鹿児島本港の南埠頭にフェリーとしまのターミナルはあった。きれいな港を大きな投光器が照らし、明るい中でそれぞれの出発式が行われていた。出発時刻は夜の11時。名瀬港と同様に夜の別れ。いくつも紙テープが風に舞い、船は各島々へと旅立っていった。


++船との距離がこんなに近いとは思わなかったので、念のために持っていったカメラには50mmのレンズしか付けてなかった。縦位置に構えてちょうど船と人々が画面に収まったので、露出とホワイトバランスを固定して横に少しずつずらしながら8枚ほど撮影。あとでパソコンで合成して上の写真になった。手持ちで撮影したパノラマもなかなかいけるもんでしょう。

++ちなみにCanonのカメラに付属するPhotoStitchというパノラマソフトで作成。ファイルを選んで並べて合成ってだけなので、PhotoStitchを持ってる人は試して遊んでみる価値ありですよ。

↓ 奄美大島探検マップ内のパノラマ ↓ ↓

★鹿児島新港 ★蒲生崎 ★マングローブ ★長雲峠 ★大浜 ★屋入峠

.

このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→