.
■ 立神 7/9

--台風3号は奄美をかすめて北上していった。大島本島では少し風が吹き少し雨が降った。影響は天気が悪くなって離島の交通機関が乱れたぐらいだろうか。大当たりしなかったのは幸いだが、思ったより雨が少なかった。潮風だけだと今度は塩害の懸念も出てくるから、後でザーッと雨が降って塩気を落としてくれると助かるのにな、と都合のいい事を考えたり。

--土浜へと向かう坂道から海を見ると、海岸線に目を引く大岩がある。たまたま農道を通っていたら海の近くに着いたので、茂みをくぐって海岸へ飛び出してみると目の前にその大岩が立っていた。ただの大きな岩なら別に何も気にしないのだけど、これは立神だと見聞きしていたので変にドキドキした。お邪魔します、と一言あいさつして近くを歩きはじめた。

--この立神をこんなに間近で見るのは初めてのことで、遠くからでも目に止まる大岩は近くで見ても本当に大きいなと思うことだった。土浜集落と節田集落の間に位置する立神。はて、これは土浜立神と言うべきなのか、節田立神と言うべきなのか。それともどっちもありなのか。うむむ・・。

--話は変わるけど、海岸の岩陰で犬が寝ていた。やけにグッスリ寝ていたけど、アイツあそこに住んでんのかな。

.

このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→