.
■ 光の道 7/22

--大熊展望台へ、久しぶりの夕陽。まんまる太陽は水平線の直前で雲に隠れてしまったけれど、太陽から海に力強い光の道がのびていた。

--日没地点はまだまだ北寄り。実際に展望台の所からは北過ぎて木々に隠れて夕陽は見えない。展望台手前の坂道に開けた場所と駐車スペースもあるので、もうしばらくはそこから夕陽を眺めるのがベストだ。

--「今日は横当島は見えないかなぁ」と思って探してみると・・、あった。あまりに薄くて肉眼でギリギリ。写真ではほぼわからず。下の写真の船の右上辺りにあるんだけど・・。

.
--船の付近を拡大してみると・・どう?。わかる?見えた?。三角型の小島が二つ、小さいのと大きいのが並んでいるように見えるのがそう。本当はあれでひとつの横当島なんだけど、つながっている陸地が水平線よりも下になるから、ここからだと二つの島に見えてしまうね。
.

このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→