奄美/365
 25mmで見る世界 2007/12/5

--小さいカメラが欲しい病が、最近出てきている。この前、PowerShotG9のレビューをしたのがいけなかったかな。コンデジでもこれだけ細部までキレイに写るならサブカメラとして持ってもいいかなと思うようになった。そんなモヤモヤ考えている時にGRデジタルの2代目が登場。うーん、選択肢が増えてまた悩む。「どうせ後で買うつもりなら出来るだけ早く買って使った方がいい」が持論だけど、年末は色々と用入りだからココは財布のヒモをカタク。とりあえず、コンデジ買った時のことを想定して、単焦点の広角に慣れておくかなと、25mmを一眼レフに付けて持ち歩くことにした。なんで25mmかというと、単焦点の広角レンズは25mmしか持ってないからって話なだけである。しかもCanon純正じゃなくてDistagon。マニュアルでピントを合わせて絞りリングを回して・・って撮ってると、あ、楽しい。やっぱ重くても一眼レフ持ち歩くべきなのかな。

--果たして別府亮はコンデジを買うのか買わないのか。結局どうなるのか。もしそのうち、今日の奄美に載る写真の比率がいつも見慣れた横長の3:2ではなく4:3に変わっていたら、その時は「あ、別府亮、物欲に負けてコンデジ買ったんだ」と思ってください。その時はタラソへも原付で通ってるはず。

365

このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→