奄美/365
 朝の浜辺 2011/8/3

--無実の罪で刑務所に入る夢を見て、うなされて目覚めた。起きるとまだ4時半だった。それにしてもタイミングがどうかと思う。普通は逃れられなくて目覚めて「ああ夢で良かった」なのに、疑いが晴れてやっと釈放された時に目覚めるって。どちらにせよ夢で良かったけど。

--せっかく早起きしちゃったから外を見ると、台風接近中の割に空は晴れている。うっすらと明るくなっているのを見て、そうだ朝日を撮りに行こうと決めた。向かったのは土盛海岸。最初はあやまる岬を目指していたのだけど、土盛からも見られそうだったから急きょ土盛へ。砂浜におりて日の出を迎えた。

--波うちぎわを歩いて写真を撮った後、振り返ると僕の足跡がまだ残っていた。波が洗い流す前にシャッターを切った。昼間のにぎわいを教えてくれるように、波うちぎわ以外の夏の浜辺は凸凹している。人がたくさん歩いた跡だ。その凸凹の砂丘を、昨夜もオカヤドカリたちは歩き回ったのだろう。たくさんの足跡が縦に横に走っていた。

EOS 5D Mark II + EF28-70mm F2.8L

GF2 + 14mm F2.5

365

このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→