奄美大島探検マップ

 菜の花とNEX-5N 2013/1/31


--庭に少しずつ増えてきた菜の花。黄色の色合いが暖かい陽射しの温もりをいっそう強めてくれる気がする。人目線で見下ろすと地面を背景にして見慣れた菜の花だけれど、せっかく写真を撮るのだから違う目線でも感じてみたい。そうだ。見上げてみよう。菜の花のすぐ隣には今ちょうど葉を落としつつあるブブギが立っている。菜の花を下から覗き込むと背中に力強いブブギ、そして大きな空が見えるはず。でも背の低い菜の花を下から見上げるには相当窮屈な姿勢をとってたとしても、カメラのファインダーや液晶でちゃんと画を確認することはできないだろう。あ、NEX-5Nがある。あれなら後の液晶画面がチルトできたはずだ。下から見合えるアングルをとっても普通に液晶画面を見ることができる。

--そうしてNEX-5Nを取ってきて菜の花を見上げた。見上げて写真を撮っていると、ミツバチが目の前の菜の花にやってきた。下から見上げるのをやめて横から今度はミツバチを見つめた。たまたまだけど標準ズームを付けていたので、上の写真を広角側で撮りながら、すぐさま望遠側にして下の写真を撮ることが出来た。一歩も動かずにカメラのアングルだけ変えて。写真って面白いね。

NEX-5N + E 18-55mm OSS

奄美大島探検マップ

このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→