北の空と南の空 2015/9/12


--今夜は星がくっきり。写真を撮りに行きたいけれど時間がもう遅い。それならばと庭で天の川でも撮って気分を落ち着かせようとしたものの、あまりの雲の無さに逆に写欲をかきたてられてしまいました。結局、仕切り直して近所の海へ行くことに。西海岸は一番近い海だけれど、実はここから星は撮ったことなかったな〜なんて思いながら三脚を立てシャッターを切りました。今日も北方向からの風。北に面した西海岸には海からヒンヤリとした風が吹いてきてて、夜風が心地良かったです。そして帰る前にせっかくだからと反対側にも寄り道。こちらは南に面した太平洋側。風がなく海から聞こえてくる波の音も静かでした。神の子から見る天の川は、夏の初めには正面にドドーンとそびえ立つ感じなのですが、カメラを海に向けると今夜はもう天の川は視界に入ってきませんでした。吹く風に秋を感じる今日この頃、天の川の場所にも季節の移ろいを感じます。

撮影地「赤尾木西海岸・神の子」


このページは、奄美の写真家「別府亮」の撮影日記的な奄美の記録→『奄美/365』の1ページです。
※写真等すべての無断利用を禁止します。写真の貸出についてはメールにてお問い合わせください。
メインホームページ→